キャンバス地のスニーカーの靴底を補修してみる

昨年秋に購入した靴。

 

 

2000円程度ということで耐久性には期待していなかったのですが、案の定、靴底がすり減ってきて穴が空いてしまいました。

雨の日に使ったら靴の中がびしょびしょになってしまうほど。

 

 

安いつくりなので中敷きから靴底までの厚さがうっすいんですよね。

歩くたびに地面の感触が直に伝わってきます。

 

値段が値段だけにこれは使い捨てて新たに買い直すというのも選択肢としてはありだと思ったのですが、靴底以外の状態は悪くないし、捨てるのはもったいないなーと。

そんなわけで、今回は補修して使い続けてみることにしました。

 

 

調べてみたところ、シューグーとかシューズドクターNという補修剤を使われている方が多いみたい。

どちらかと言うとシューグーのほうが利用されている方が多いようでしたが、今回はシューズドクターNを購入してみました。

値段はこっちのほうがリーズナブルな感じ。

 

 

購入にあたって少し悩んだのが色の選択で、シューズドクターNはブラック、ホワイト、ブラウンの3色があります。

私の靴は靴底はブラック、側面はホワイトという構成で、補修剤をブラックにするかホワイトにするかで悩んだわけです。

これが1色なら楽なんだけどね。

 

結局、靴底なんて誰も見ないだろ...ということで、側面の色に合わせてホワイトにしました。

 

 

作業開始

かかと部分がかなりすり減っている上、穴がガッツリ空いているため、補修剤を大量に使う必要がありそう。

そこで、少しでもケチるためにホットボンドで予め穴を塞ぎ、その上からシューズドクターNを使用することにしました。

(ちなみにホットボンドだけで補修しても耐久性があまりないため、2週間ほどで剥がれてしまいます。)

 

ホットボンド自体は100均で購入したもの。

 

これで靴底の穴に熱したスティックを注入していきます。

 

ホットボンドが乾いたら、シューズドクターNを塗る作業に移ります。

 

 

塗る前に付属のプラ板を本来あるべきかかとのラインに合わせて貼り付けておきます。

それから補修剤を塗ります。

粘度が高く、きれいに塗るのはなかなか難しいです。

 

横から見た図。

なるべく平らになるように塗ります。

 

塗った後に24時間程度乾かす必要があります。

※分厚く塗った場合はもっと時間がかかるようです。

 

24時間後、乾いたことを確認してからプラ板を外してみた図。

 

補修した部分の白さが目立つような気がしますが、まあ、問題ないでしょう。

使っているうちに色が馴染んでくるだろうしね。

 

 

数日使ってみた

補修の後、数日間使用してみました。

 

履いて歩いてみても、特に違和感はありませんでした。

見栄えの問題も場所が場所ですので、注意して見ない限り気づかれることはないと思います。

少なくとも穴が空いたまま歩いているよりは精神衛生上ずっと良いです。

 

靴底の状態について

 

数日というか、1日でこんな感じになります。

ホワイトだからというところもありますが、素材自体が汚れやすいんでしょうね。

私としては、色がいい感じに馴染んだのでこれでいいのですが。

取り敢えず、すぐに破れるような気配は全くありません。

 

 

感想

あらかじめ情報を集めてから作業に挑んだので、さほど苦労はしませんでした。

シューズドクターNの使用レビューはあまり数がありませんが、手順の多くはシューグーと似たようなものみたいですので、それも参考になると思います。

 

気になるのは、これでどれくらい持つかですね。

私は2-3ヶ月程度と予想していますが、どうでしょう。

今回はホットボンドを間に使ったりと、正規の使用方法に則っていませんので、製品本来の寿命より短くなるかもしれません。

 

次に穴が空いたりしたら、この記事に追記する形で情報更新するつもりです。

 

 

memo.studiogaki.com

 

今回の作業にあたってこちらの記事を参考にさせて頂きました。

補修をしてみようと思った方はどうぞ。

読書メーターで読書記録をはじめました

図書館を利用するようになり、読書時間も増えつつあるこの頃。

読んだ本の記録をどうしようかなーと考えていました。

 

今までは読書記録というと、Google keepとか適当なメモ帳にタイトルと読み終えた日を記入するだけというかんたんな手法を取っていました。

これでもいいのですが、情報量が少ない。

かといって書き込む情報を増やすと、今度はその手間がめんどくさくて記録そのものをしなくなってしまう。

(そもそもそういう経緯を繰り返してこの記録法に落ち着いていたんだった...)

 

入力の手間を増やすことなく、今月は具体的に何ページ読んだとか、どの作者の割合が多いとか、そういうデータを後々確認できるようにしたいと思ったんですよね。

 

 

ということで、調べてみたらいろんなサービスがある。

Androidのアプリストアで検索してみると...

 

f:id:teishichu:20170519225301p:plain

 

たくさん出てくる。

 

バーコードをスキャンするだけで書籍情報を読み込めたり、新刊が発売されたら通知されたり...みたいな魅力的な機能があります。

ただ、私の必要とする機能が備わっているアプリがなかなかなかったんですよね。

それは、

 

  1. 読みたい本を登録できる機能
  2. PCからの閲覧に対応
  3. 自動バックアップ機能

 

 

読みたい本の登録は多くのアプリで対応していました。

ただ、2、3については対応しているアプリが少ない。

どれもアプリベースのため、スマホ以外からの利用はあまり考えられていないようでした。

手動バックアップなら対応してるけど、自分は頻繁にNexus7にROM焼きするのでその都度バックアップ取るのもめんどくさいなーと。

というかアカウント制が理想。

 

 

そこで、今回はWebベースでサービスが展開されているものを利用してみることにしました。

 

liginc.co.jp

 

この記事を参考にしました。

私としては、上述の求める機能が揃っていれば良かったので、取り敢えずユーザー数の多そうな読書メーターを選択。

 

bookmeter.com

 

ユーザー数が多ければ将来的にサービスが維持されやすいかなーと。

 

使ってみた感想としては、必要十分な機能が備わっていて概ね満足。

まだ使っていない機能ですが、再読本に登録できるのは意外と良さそうだなーと思いました。

今まで読み返した本の記録は取っていなかったので、正確な読書量が把握できていなかったんですよね。

 

毎月の読書量も見れますし、データとして記録に残るとやっぱり読書のモチベーションが高まりますね。

あと、読書メーターは書籍の感想・レビュー数が多めで、読了後に考えをまとめるときに結構参考になりました。

Amazonと違ってサクラは少ないだろうしな)

 

 

難点を挙げるとすれば、アプリの出来。

公式アプリのiOS版がありますが、最終更新が2012年って...

iPhone5以降の解像度にも対応しておらず、そもそもGoogleアカウントを使ってログインすることすら出来ないので、自分は使うことすら出来ない。

 

 

まあ、Web版でも全く不自由を感じないのでそちらを使うのがいいと思います。

 

 

他に挙げるなら、他の読書記録アプリに備わっているバーコードスキャン機能が使えないのは人によっては結構痛いところであるかもしれませんね。(非公式?のAndroid版なら使えるらしい)

オオクワガタたちが続々と蛹化してきている

凄まじい暴れ具合でまともな写真が撮れなかった(泣

 

昨年5月に産卵セットを組み、7月に割り出した幼虫たちが、今月に入ったあたりから続々と蛹化し始めました。

全25頭いるうち20頭近くが既に蛹化。

マット飼育ということで2年1化になるのではないかという懸念も有りましたが、杞憂だったようです。

羽化後の休眠期間を考えると早めに出てきてくれたほうがありがたいからね。

 

 

さて、餌交換は2-3回が普通とされていますが、今回は1回しかしていません...

8月に最初の瓶(900ml)に投入、11月に2本目の瓶(同)に投入、本来なら今年2-3月ごろが最後の交換のタイミングだったのを放置してしまい、そのまま蛹化の段階まで来てしまいました。

つまり、2本(1800ml)分しか餌を食べていないのです。

雌ならともかく、雄でこれはかなり少ないでしょうね...

せめて11月の時点で大きかった個体たちだけでも餌交換を3月頃にするべきだったと反省。

 

 

マットを良好な状態で長期間保たせることが可能であれば、むしろ交換なんてしないほうが幼虫に与えるストレスを最小限に抑えられるのでむしろそれが理想なんですけどね。

餌交換は体重減少のリスクもあるので、個人的には進んでやりたいとは思いません。

餌交換の回数はコストにも直結するので、最小限に抑えるべきというのが自分の考えです。

 

まあ、だからといって長期間放置してマットが劣化して体重が減ったら元も子もないわけですが...

マットを観察してみたところ、土化するほど劣化はしていないのでギリギリセーフ?(だと思いたい)

 

 

成虫のサイズはどのくらいになるのでしょうか。

11月の交換時に全個体の重量を計測してあり、その時の最大が20g、次いで19-17gの個体が数頭、それ以下は10g前後が殆ど、といった感じでした。

 

目測では今とこの時とであまり大きさが変わっていないような...ということで、あまり期待はできません。

調べてみたところ、20gでギリギリ70mm行くか行かないかの体重らしいです。

まあ、親(♂)のサイズが63mmなので、これ以上なら良しとします。

 

結果が出るまであと2-3ヶ月の辛抱ですね。

4ヶ月ぶりの日記

前の記事から間が空いてしまいましたね。

でも、このブログの存在を忘れていたわけではありません。

時々書くネタが思いついたりしていたんですけど、はてなブログのパスワードを忘れてしまって再設定するのもめんどくさくてここまでズルズルサボってしまいました。

 

先程無事再設定しましたので、これからはそれなりの頻度で更新していこうと思います。

とりあえず今日は色々雑記ということで。

 

 

◆合計2000アクセス達成!

2016年1月7日に開設した当ブログですが、ここのところ安定して20-40アクセス/日あるようです。

1年くらい前は1アクセスもない日がほとんどだった記憶があるので、大きな進歩と言えるでしょう。

 

アクセス数の多い記事は以下の3つ。

 



 

特にNexus7の画面交換の記事だけで1000アクセス以上稼いでいるようです。

アクセスが多いのは嬉しいことである反面、検索から来てくださった方にはあまり参考にならない記事だったのではないかと不安になりますね。

 

当たり前といえば当たり前ですが、全体的に日記より試行錯誤してみた系の記事のほうがアクセス数が多いです。

 

Amazonマーケットプレイスの詐欺に引っかかった

headlines.yahoo.co.jp

ここ数日で大きな話題になっている今回の騒動。

私も相場より40%ほど安めの商品を購入しましたが、例によって無事詐欺業者の出品物でした。

 

出品者のアカウントは3年前のフィードバックが最後で、直近では利用のない所謂休眠垢を乗っ取られたものかと考えられます。

購入した時点では直近の評価はありませんでしたが、現在ではこんな惨状。

 

f:id:teishichu:20170427144557p:plain

 

Amazonカスタマーサービスに問い合わせてみたところ、出品者に問題がある可能性は高いがとりあえずは連絡を取ってみてくれ、とのことでした。

どういう風にコンタクトを取ればいいのか全くわからないので何もしていませんが。

詐欺業者だってわかっている相手になんて言えばいいんだろう(笑)

 

さて、代金は当然返ってくるのでいいとして、問題は個人情報。

住所氏名電話番号が悪用された場合が怖い。

詐欺業者の個人情報として使われて、それに騙された人からゴル電きたらチビッちゃうよ俺。

 

早く事態が収拾してほしいものですね。

 

 

◆図書館を利用するようになった。

最近は休日の多くを図書館で過ごしています。

それまで読書量はせいぜい1月に1冊程度だったのが今月だけで10冊以上に増えたので、自己満足かもしれませんが嬉しいですね。

 

多くの本は一度読み終わったらもう読み返すことはありませんので、この方が経済的ですしね。

でも、借りてみて気に入った本は購入して手元に置いておくようにしています。

広告を非表示にする

【楽天】ラクマにNexus7を出品したら利用停止になった話(20170529追記)

昔から日用品の処分にヤフオクやフリマアプリを利用していました。

今回は使わなくなったNexus7を売ろうと、ラクマに出品してみたんですね。

 

ラクマは出品手数料完全無料なので、今までは手数料有料のメルカリやヤフオクと比べて印象も良かったのですが...

 

f:id:teishichu:20161222210729p:plain

 

出品後30分位でこのメールが来て

 

 

おおう...。

規約違反だから利用停止(購入すらできない)に。

製造番号の記載をしなかったということで、禁止出品物に該当するらしい。

※何故か日にちが13日になっていますが、実際に利用停止になったのは22日15:57です。つまり、商品削除とほぼ同時に利用停止になったということ。

 

削除理由: 36)製造番号が画像もしくは商品情報で確認できない携帯電話

 

ラクマの禁止出品物は以下のページで確認できます。

禁止出品物-ラクマ楽天のフリマアプリ

携帯電話の出品に製造番号が必要なのは前々から知っていましたし、メルカリやヤフオクでもそのあたりは同様なのですが、ラクマではタブレット端末も携帯電話扱いしているようです。

ただ、タブレットと携帯電話はラクマ内のカテゴリでも別々になっています。

それでこの扱いは流石に納得いかないと思ったので規約の解釈について問い合わせてみました。

しかも他に出品されてるNexus7の商品パージを見ても殆どの方が製造番号載せてないのに放置されてるし...なんで自分だけ...。

 

長くなるので問い合わせの本文は省略しますが、Nexus7を出品したら消されたんだけど、タブレット端末の出品でも携帯電話同様製造番号を載せないと削除の対象なの?という内容。

対する返信がこれ↓

 

f:id:teishichu:20161222195333p:plain

 

予想通りのテンプレ回答。

利用停止措置を取った相手に”今後ともラクマをよろしく”とかもうね...。

というか自分は、タブレット端末の出品に製造番号は必要なのか否かを聞きたかっただけなのだが...。

もしかしたら、自分の商品を消されたってことには触れずに聞いたほうが良かったのかもしれない。

 

 

今回の件で楽天に対する心象が悪くなったので、今後楽天関連のサービスは避けていくことになるでしょうね。

ま、自分みたいなライトユーザーが一人消えたところで痛くも痒くもないだろうけれども。

 

それにしても、どういう判断基準で削除しているのでしょうね?

違反報告の有無とか、同じような商品ばかり出していると目をつけられやすいとか。

自分で言うのもなんだけど、振込発送は速攻で済ませるタイプの人間なので割りと優良ユーザーだと思ってたんだけどなあ。

オクからフリマまであわせて400回以上取引して普通/悪い評価ゼロだったのに...。

 

間違えてスマホの製造番号を載せるの忘れた!とかで利用停止になったら自分に落ち度もあるって納得できたけど、今回の件はちょっと理不尽かなあと思いました。

せめて理由をもう少し説明してくれても...。

 

検索してみたら私と同様、タブレット端末の出品で利用停止を食らった方を見つけましたので貼っておきます。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

やはり、タブレット端末等の出品でも製造番号は記載しといたほうがいいですよ。

利用停止を食らったら何を言っても聞く耳を持ってくれないみたいですし、用心しといて損はないと思います。

被害者の方々の記事を拝見しましたが、ラクマの場合は一度垢バン食らうとどんなに丁寧に頼んでも復帰は不可能っぽいです。

 

ラクマ楽天ポイントを使える貴重なフリマだったので、いざ使えなくなると結構不便だよなー...。

 

 

20170529追記:

なんとなくもやもやしたまま終わっていた感があったので、再度サポートにタブレット端末の出品に製造番号の記載は必要か否かを尋ねてみました。

前回の経験から削除対象の文言は含めないようにしています。

また、今回は自分が利用停止にされたことは伏せています。

そうするとテンプレ回答の確率が高くなりそうなので。

以下、問い合わせ文。

 ラクマのサービスを利用して今度タブレット端末を出品しようと考えております。
その際の商品説明についてお尋ねしたいのですが、製造番号は携帯電話同様記載が必要でしょうか。
ガイドラインの禁止出品物には

>36)製造番号が画像もしくは商品情報で確認できない携帯電話、スマートフォン

とありますが、これにタブレット端末(例えばiPadやNexus7等)は含まれるものでしょうか。


以上、ご返答頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

 

返答がこちら。

お問い合わせありがとうございます。
ラクマ・カスタマーサポートです。

このたびは、ラクマのご利用に際しわかりにくい点があり大変申し訳ございません。

お問い合わせの件につきまして、タブレット端末の場合でも製造番号はあるかと存じますので、記載を行っていただきますようお願い申し上げます。
製造番号を記載していただくことにより、規約に違反するか否かだけではなく、購入者様も安心して商品の購入を行うことができるかと存じます。

私どもとしても、みなさまに安心してご利用いただけるサービスを目指してまいりますので、何卒ご協力いただけますと幸いです。
今後ともラクマをよろしくお願いいたします。

ラクマ・カスタマーサポート

 

ということなので、携帯電話に限らず、製造番号があれば記載をするように心がけたほうが良いようですね。

規約に明確に記載されてはいないけど、購入者側からはわかりにくい出品であったため利用停止がされた、ということでしょう。

ラクマ利用規約の第7条(利用者登録の取消等)における次の場合が適用されたと私は理解しました。

(18) その他当社が利用者に相応しくないと判断した場合

 

このたびは、ラクマのご利用に際しわかりにくい点があり大変申し訳ございません。

そう思うならわかるようにしてくれませんかね...とも思いましたが、テンプレ回答でなかっただけ良しとしますか。

前回の問い合わせのときもそうでしたが、ラクマのサポートは返答が早い点については評価出来ますね。

(今回の問い合わせは一時間強で返信が来ました。)

 

ま、俺はもう使えないからサポート対応早くても無意味なんだけどな。

モニターを買い替えました

今までASUS VX279Hを使っていました。

www.asus.com

 

フレームが目立たないデザインで、結構好きでした。

 

私はPCとゲームの二つの用途を一台のモニタで賄っているんですね。

ただ、ゲーム用途で27型は私の環境では少し大きい。

奥行60㎝のデスクに27型のモニタを設置した場合、椅子をデスクから1mくらい下げてプレイしないとかなり画面が近く感じます。

まあ、離れてやればいいってだけの話かもしれませんが...

PC作業の時も、もう少し小さくてもいいかな、と。

そんなわけでサイズがこれより下のモニターを探してみました。

 

 

今回購入したのは、PHILIPSの23.6型モニタ 246E7QDSB/11

Amazonで14000円くらい。

5年保証ってすごいね。

 

 

デザインがいい。

モニターってどれも似たような見た目なので、おしゃれなのがいいかな~と探していて見つかったのがこれ。

金属製の脚でスタイリッシュです。

 

 

現状、ノートPC(Thinkpad x240s)をモニタと接続し、デスクトップPCのように使っています。

ノートPCの画面だと小さいけど、わざわざデスクトップPCを買うほどの作業はしない...という人におすすめ。

ノートPCだと消費電力も少なめだしね。

 

 

数日使った感想としては、23.6型という画面サイズはPCとゲームの二つの用途で兼用するには個人的には最適なサイズだと思いました。

もうワンランク小さい21型でもよかった気がしますが、まあ好みの問題かな。

 

 

さて、このモニターを2週間使用していいところと悪いところがわかってきたので、書き残しておきます。

 

良かったこと。

・背面のトグルボタンが直感的で使いやすい。

普通、モニタの設定って画面右下に数個あるボタンで操作しますよね。

こいつは背面に一つあるボタンだけを使います。

これがなかなかいい。

 

 

このボタンを上下左右に傾けることで操作します。

私はPCとゲームをこの一台で兼用しているので、その都度画面設定を切り替える必要があるのですが、ボタンを画面側から見て左側に傾けて

 

 

あとは上下で選択するだけで切り替えができます。

これは他社も採用してほしいと思いました。

※標準/インターネット/ゲームのそれぞれに輝度/コントラストの設定を割り当てることができます。

 

・発色がとてもきれい。

この価格帯でこれはかなり満足度高い。

 

悪かったこと。

・ベゼルが光沢。

いつも思うけど、どのモニタも画面部分は非光沢なのにベゼルは光沢なのはなぜだろう。

そのほうがデザイン的にかっこいいから?

まあ、この製品はベゼル自体細目なので、反射はそれほど気にならないですけれど...。

 

・内臓スピーカーがない。

なくてもイヤホンジャックから別にスピーカーにつなげばいいからそれほどの問題でもないけど、あるに越したことはないかな、と。

 

 

全体的には非常に満足しています。

やっぱり、デスク上にデザインがいい製品があるとモチベーションが上がるよね。

Nexus7(2013)の画面が割れたので交換してみた

毎日使用していたNexus7(2013)

先日、ベッドの上に置いていた端末を手に取りロックを解除しようとしたら、画面が反応しない。

よく見てみると、画面下部にVの字に割れた筋が通っていました。

特に衝撃を加えた記憶もないのですが、購入してから2年間手荒に扱っていたので、日々の疲労?のようなものが蓄積されて割れてしまった、という感じでしょうか。

 

後継機があればそちらを新たに購入したところですが、全く発表がないようなので修理して使うことに。

ASUSに修理に出すと1万円ほどかかるみたいです。

それなら新たに購入したほうがましだと思い、自分で部品を購入して修理することにしました。

 

今回必要な部品は、液晶とフロントデジタイザのセット。

あと、それらをフレームに張り付ける両面テープ。

液晶とデジタイザのセットは国内Amazonだと5500円ほどしますが、eBayで探すと2500円ほどで販売されています。

 

eBayのほうは商品タイトルにLCD Display/Digitizerみたいな単語が入っていればたぶん問題ないです。

間違ってデジタイザだけの商品を購入してしまわないように気を付けてください。

 

ちなみに私が購入したのは下の商品。

www.ebay.com

 

 

液晶は無事なんだからデジタイザだけ変えればよくね?と思って調べてみたら、このデジタイザだけを交換するのは非常に難易度が高いらしい。

ですので、液晶とセットで交換することをお勧めします。

 

 

で、購入してから10日ほどで到着。

工具なんかもついてきました。

 

交換手順については下の動画通りにやれば問題ないと思います。

写真を撮りながら作業を進めると、組み立てるときに迷わないのでいいかも。


Nexus 7 (2013) Screen Repair & Disassemble

 

基本的に難易度自体はそれほど高くないです。

一番大変なのがLCDユニットをフレームから取り去る作業

 

LCDユニットは上の動画内でホットガンを使ってきれいにはがしていますが、なくてもはがせることははがせます。

どっちにしろ捨ててしまうので、私はマイナスドライバーでバリバリに砕いてやりました。

接着剤をきれいに取るのを含めて30分くらいかかったけどね...。

ホットガンがあるなら、それを使ったほうがいいです。

はがす作業の際はガラスが飛び散るので、新聞紙を広めに敷くかタライのようなものの中でやりましょう。

 

LCDパネルをはがした図。

ドライバーでゴリゴリ削ったので、結構傷がついてしまっています。

まあ...動作には影響ないだろうから、いいかな...。 

 

あとはこのフレームに両面テープを貼り付けて新品のLCDユニットを取り付け、分解したのと逆の手順で組み立てて作業完了。

 

 

そんなこんなで、無事交換が完了しました。

 

ただ、交換後にタッチパネルの反応が非常に悪くなってしまいました。

文字入力をしようとしても、画面下部の反応が悪くてまともに入力できない。

また、誤反応も頻繁に発生してしまい、ホーム画面で横スクロールしたのにアプリが起動したりしてまともに使えない。

自分は基本的に電子書籍用途なのでそれほどの問題でもないのですが、やはり気になるのでそれも直してみることに。

 

調べてみると、解決方法の動画がYouTubeに上がっていました。


【Nexus7】タッチ不良を完璧に治す方法 5分でできる直し方

 

この方法を行う前にブートローダーをアンロックする必要があるので、下記のサイトを参考にしてアンロックします。

androidlover.net

この作業で本体が初期化されてしまいますので、あらかじめデータのバックアップを取っておきましょう。

 

 

それらの作業を終わらせるとタッチパネルの反応問題も解消されて、普通に使えるようになりました。

 

交換してから気づきましたが、それ以前と比べて若干指紋が付きやすくなったような気がします。

まあ、それほど気になるものでもないですが...。

 

何はともあれ、無事にNexus7が復活して何より。

まだまだこいつを使い倒していこうと思います。

 

 

※分解・ブートアンロックを行うとメーカー保証が受けられなくなります。これらの作業を行うのは自己責任でお願いします。