カブトムシ/羽化したけれど...

さて、本日はカブトムシたちが全頭羽化したことについての記事です。

前にマットの上に出てきちゃっている個体がいるという記事を書きましたね。

 

teishichu.hatenablog.com

 

この個体ですが、なんとか羽化することができました。

 

 

蛹化してから1週間後にペットボトルに濡らしたティッシュを使い人工蛹室を作り、蛹を投入。

 

 

それから1週間位で羽化。

蛹化してから2週間で羽化したんですね。結構早い。

 

 

ただ、若干羽パカなんだよな~。

寿命の影響はないだろうけど、ちょっと気になるな。

 

と、いうかね...。

 

この個体がオスの中で一番マシな状態っていうのが今回の記事なのです...

 

 

まず、飼育していたカブトムシが全部で13頭。

羽化の段階でこのうち1頭が☆になり、12頭の成虫が得られました。

 

内訳はオス10頭メス2頭と、かなりオスに偏ってしまいました。

特に増やしたいわけでもないからこれは別にいいんだけどね。

 

 

で、本題。

メスは2頭ともきれいに羽化できたみたいなのですよ。

 

 

画像の角度が悪くてわかりづらいですが、羽パカもなく完品と言えるでしょう。

メスは多頭飼育の影響を受けづらいのかな~と思いました。

 

で、問題のオスはと言うと...

 

10頭中4頭がこのような状態で、

 

 

残り6頭(人工蛹室含む)も、羽がきれいに閉じていません。

こっちはそれほど問題ないだろうけど。

この程度なら羽化直後にテープで無理やり閉じることもできるみたいですね。

 

 

今回の原因はやはり、小ケースサイズの容器で多頭飼いしたことだと思われます。

2頭程度でもこのサイズの容器では不十分のようですね。

 

本当にカブトムシたちには申し訳ないことをしたと反省しています。

 

今後について

一応カブトムシの飼育は続けていく予定です。

羽化不全の個体も当然最期まで飼育していきますが、ブリードは未定。

10頭強程度の飼育数でこんな惨状なので、少なくともこれ以上の数のカブトムシを飼育すべきではないかと。

ブリードするとしても手元に残す幼虫は5頭程度にして全て確実に完全体として羽化させるのを優先します。

個別飼育にするのは当然として、今年は餌交換のタイミングを間違えたこともあるので、それも改善させます。

餌そのものについても、もっといいやつを試そうかな~と考えています。

詳しく決まったらまた記事にしますね。

 

ではでは。

オオクワ/羽化結果2017年Part1

先月羽化したオオクワガタの割り出しを始めました。

数が多いため、今回割り出したのは半数の10頭だけ。

では、行きましょう~。

 

 

 

今回分の最大は72mmでした。

11月時点での体重は19g。(以前の記事でも書きましたが、エサ交換はこの時の1度のみです...)

使用したエサはフジコン製のクワデブロProマット。

容器はブロー容器900mlとなります。

 

お世辞にも幼虫にとっていい環境とは言えなかったでしょうが、それでも温度管理なしのマット飼育で70mmオーバーが出たのはうれしい。

マットがよかったのか、血統がよかったのか、それとも運がよかったのか...

個人的には殆ど容器に触らずに放置していたのがよかったのかなぁと考えています。

これなら残り半分の結果にも期待できますね。

一応極太血統のおかげか、見た感じもやっぱり太くてかっこいいなぁ。

 

画像のこいつは66mmと控えめなサイズですが、形は一番好き。

 

ちなみにメスの最大は49mmでした。

 

11月時点の体重は12g。

性別関係なく900mlの容器だったので、メスのほうが余裕をもって育つことができたのではないでしょうか。

全体的にメスのほうがオスと比べて平均より大きめな感じがしています。

 

◆結果

<オス>

66mm/67mm/71mm/72mm

<メス>

45mm/46mm/46mm/46mm/48mm/49mm

 

幼虫時代の重量(といっても11月分のみですが)はPart2の結果と合わせて発表しますね。

今度の分には羽化時期が遅かった、サイズの期待できる個体が数頭いるので楽しみです。

カブトムシも蛹化

オオクワガタ達の蛹化に遅れること1ヶ月強。

 

teishichu.hatenablog.com

 

ようやくカブトムシも蛹化し始めました。

 

 

カブトムシは全部で10頭強いて、100均のパンケースで2頭ずつ飼育しています。

 

 

パンケースは蓋がカチッとはまらないのでクリップで挟んで脱走を防ぎます。

また、2つ以上重ねると空気の通りが悪くなるので、蓋の上に厚みのあるものを置いて空気孔を塞がないようにしています。

餌はオオクワガタたちの余りですね。

 

 

目視した感じでは8頭は既に蛹化していました。

 

 

カブトムシ2頭をパンケース1つというのはやはり狭かったですかね?

パンケースはサイズとしてはプラケース小と大体同じくらいですが、幼虫時代だけならともかく、この省スペースで2頭が一斉に蛹化するのは結構厳しかったのではないかと今更ながら反省しています。

蛹化前に個別にブロー容器等に移し替えるべきでしたね。

 

 

と思うのは、マット内でちゃんと蛹化できなかった子を本日発見してしまったからです。

 

 

この個体は前から時々マットの上に出てきてしまうことがあって若干気がかりだったのですが、蛹化する時までマットの上に来てしまったようです。

マットが合わなかったのかな?

なんとか蛹化までは辿りつけたけど、羽化まで無事いけるかというと結構微妙な気がしています。

幼虫時代に変な動きのある個体は成虫にならずに逝くことが体感的に多いので、心配ですね。

 

あと、マット上の隅で蛹化してしまったために、角が若干ケースに触れてしまっていることも気がかり。

 

 

少し曲がっているような...

無事羽化できますかね...

 

 

このままマットの上で放置すると☆になる確率が高くなると思われるので、1週間ほど経ったら人工蛹室に移動させる予定です。

 

 

ちなみに先に蛹化していたオオクワガタはほとんどが6月中に羽化しています。

7月末になったら掘り出して体長測定しますよ~。

広告を非表示にする

キャンバス地のスニーカーの靴底を補修してみる

昨年秋に購入した靴。

 

 

2000円程度ということで耐久性には期待していなかったのですが、案の定、靴底がすり減ってきて穴が空いてしまいました。

雨の日に使ったら靴の中がびしょびしょになってしまうほど。

 

 

安いつくりなので中敷きから靴底までの厚さがうっすいんですよね。

歩くたびに地面の感触が直に伝わってきます。

 

値段が値段だけにこれは使い捨てて新たに買い直すというのも選択肢としてはありだと思ったのですが、靴底以外の状態は悪くないし、捨てるのはもったいないなーと。

そんなわけで、今回は補修して使い続けてみることにしました。

 

 

調べてみたところ、シューグーとかシューズドクターNという補修剤を使われている方が多いみたい。

どちらかと言うとシューグーのほうが利用されている方が多いようでしたが、今回はシューズドクターNを購入してみました。

値段はこっちのほうがリーズナブルな感じ。

 

 

購入にあたって少し悩んだのが色の選択で、シューズドクターNはブラック、ホワイト、ブラウンの3色があります。

私の靴は靴底はブラック、側面はホワイトという構成で、補修剤をブラックにするかホワイトにするかで悩んだわけです。

これが1色なら楽なんだけどね。

 

結局、靴底なんて誰も見ないだろ...ということで、側面の色に合わせてホワイトにしました。

 

 

作業開始

かかと部分がかなりすり減っている上、穴がガッツリ空いているため、補修剤を大量に使う必要がありそう。

そこで、少しでもケチるためにホットボンドで予め穴を塞ぎ、その上からシューズドクターNを使用することにしました。

(ちなみにホットボンドだけで補修しても耐久性があまりないため、2週間ほどで剥がれてしまいます。)

 

ホットボンド自体は100均で購入したもの。

 

これで靴底の穴に熱したスティックを注入していきます。

 

ホットボンドが乾いたら、シューズドクターNを塗る作業に移ります。

 

 

塗る前に付属のプラ板を本来あるべきかかとのラインに合わせて貼り付けておきます。

それから補修剤を塗ります。

粘度が高く、きれいに塗るのはなかなか難しいです。

 

横から見た図。

なるべく平らになるように塗ります。

 

塗った後に24時間程度乾かす必要があります。

※分厚く塗った場合はもっと時間がかかるようです。

 

24時間後、乾いたことを確認してからプラ板を外してみた図。

 

補修した部分の白さが目立つような気がしますが、まあ、問題ないでしょう。

使っているうちに色が馴染んでくるだろうしね。

 

 

数日使ってみた

補修の後、数日間使用してみました。

 

履いて歩いてみても、特に違和感はありませんでした。

見栄えの問題も場所が場所ですので、注意して見ない限り気づかれることはないと思います。

少なくとも穴が空いたまま歩いているよりは精神衛生上ずっと良いです。

 

靴底の状態について

 

数日というか、1日でこんな感じになります。

ホワイトだからというところもありますが、素材自体が汚れやすいんでしょうね。

私としては、色がいい感じに馴染んだのでこれでいいのですが。

取り敢えず、すぐに破れるような気配は全くありません。

 

 

感想

あらかじめ情報を集めてから作業に挑んだので、さほど苦労はしませんでした。

シューズドクターNの使用レビューはあまり数がありませんが、手順の多くはシューグーと似たようなものみたいですので、それも参考になると思います。

 

気になるのは、これでどれくらい持つかですね。

私は2-3ヶ月程度と予想していますが、どうでしょう。

今回はホットボンドを間に使ったりと、正規の使用方法に則っていませんので、製品本来の寿命より短くなるかもしれません。

 

次に穴が空いたりしたら、この記事に追記する形で情報更新するつもりです。

 

 

memo.studiogaki.com

 

今回の作業にあたってこちらの記事を参考にさせて頂きました。

補修をしてみようと思った方はどうぞ。